電球ソーダが100均キャンドゥのledイルミネーションボトルで光る!

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

100均キャンドゥで面白いものを見つけました!

「イルミネーション電球ボトル」

ちょっと調べてみると、電球ソーダというのが流行っているらしいですね。

そういえばお祭りの屋台で見たような気が・・・。

今回は、お家でも簡単に楽しめる「電球ソーダ」ボトルをご報告いたします!

スポンサードリンク

電球ソーダが100均に!

100均キャンドゥを探索中、ダンナが「ちょっと来てみ」というので行ってみると。

何ですかこれは?

キャンドゥ イルミネーション ボトル

最近電球型の容器が流行ってるのは知ってたけど、イルミネーションって?

っていうか、これ、飲みもの入れられるの?
どっかで見たような気が・・・。

と調べてみると、「電球ソーダ」というものらしい。

あ〜、なんか見たことある気がする。
へえ〜これ流行ってるんだ〜。

と、流行りものにはまったく疎い私ですが、面白そうなので買ってみました。

キャンドゥのledイルミネーション

電球ソーダといっても、電球型のボトルに飲み物が入ってるだけのものや、光るグッズ付きのものなど、いろいろ種類があるようです。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

キャンドゥの電球ボトルは底が光るタイプ。

プラスチック製の電球型ボトルの底(外側)にLEDがはめ込んであります。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

電池はLR1130のボタン電池3個使用ですが、テスト電池付きなので買ってすぐに使えますよ〜。
LEDのフタの真ん中をグッと押すとスイッチオン!

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

おっ、光った〜。

電色は、赤・緑・青の3色。
フタを押すたびに光り方が変わるという凝りよう。
100円なのにすごいな。

1回目はまたたくように点灯。
2回目は激しく点滅。
3回目はゆっくり点滅したり、1色ずつ回るように点滅したり。
4回で消えます。

楽しい〜。

電球ボトルのフタ部分はストローが通せるように穴が空いてます。
フタの色は銀と金がありました。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

そして、なんと、中栓付き。
中栓を閉めると持ち運びも可能です!

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

中栓にはさらにフタが付いてて、化粧水容器くらいの小さな穴が・・・。
これ、何のため?
化粧水入れにもなるってことかな?

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

ストローを入れるとこんな感じ。
曲がるストローがギリギリ底に届くサイズ。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

LEDライトと電池はボトル底のへこみに埋め込む形になってます。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

ちょっとへこんだところに爪をかけて引っ張ると、

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

簡単に外れます。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

ボタン電池も取り替え可能。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

ボトルを洗うときは、必ずこのLED部分を外してから洗ってくださいね!


スポンサードリンク

イルミネーションボトルは底が光る!

実際に飲み物を入れて、光らせてみますよ〜。

本当はおしゃれにソーダにしたかったんですが、お茶しかなかった^^;。
おばちゃんくさいですが、お茶でいきます!

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

このボトル、思ったより大容量。
500mlくらい入ります。

では、スイッチON!

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

やっぱり飲み物を入れたほうが光がきれいですね〜。
写真はちょっと地味だけど、実物はもっときれいですよ!

明かりを消してみると・・・。

うわっ!
すごいきれい。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

けど、めっちゃ激しい。
真っ暗なところで光らせると、きれいなんですが光が強くて目がおかしくなりそう。

電球ソーダ 100均 キャンドゥ ボトル

暗いところで長時間見るのはやめたほうがよさそうです。

パーティなんかで使うと盛り上がりそうですね!


スポンサードリンク

最後に

これだけ楽しめて100円とは、びっくり。

思いっきり楽しんで、LED電球が切れた後は普通に電球型ボトルとしても使えます。

近頃は何が流行るかさっぱりわかりませんが、流行るからには理由があるんですよね。

電球ソーダ(今回は電球茶ですが^^)も実際に体験してみると面白かったですよ。

自宅でいつでも楽しめる電球ソーダ。
お手軽にお祭り気分を味わえますね。

店舗によって品揃えが異なる場合がありますので、ご了承ください。
店内写真はお店に確認の上、撮影・掲載しています。

関連記事・広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする