夏休みの工作 ストローでできるテンセグリティ12本の作り方

テンセグリティ 6本 作り方

100均セリア×学研の2018年自由研究・テンセグリティを発展研究として12本バージョンで作ってみました。

材料はストローと輪ゴムのみ、あとはハサミがあればできちゃいます!

今回は12本バージョンのボール状のテンセグリティの作り方を写真付きでご紹介します。

6本バージョンはこちら!アイスの棒の再利用工作です

棒と輪ゴムだけなのに立体になるテンセグリティ、面白いですよ〜。

スポンサードリンク

夏休みの工作はストローと輪ゴムでできる!

セリアでもらってきた作り方を見て作った6本バージョンのテンセグリティが面白かったので、調子に乗って12本バージョンも作ることにしました。

6本バージョンは使用済みのアイスの棒を使って工作したんですが、もう使用済みのアイス棒もないし、何で作ろうかな〜とちょっと調べてみると、ストローでも作れるということがわかりました。

しかも材料は、ストローと輪ゴムだけというお手軽さ。

ストローならいっぱい入ったのを100均で買ってあるし、輪ゴムはたくさんある。
ということで、早速挑戦してみることにしました!

使ったのは、ストロー6本と輪ゴム12本。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

工作道具はハサミだけです。

テンセグリティ12本の作り方

ウチにあったストローは曲がるタイプだったので、ジャバラ部分から先は使わないので切り落とします。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

残った長い方を半分に切って、12本に。
長さは、7.5cmくらいになりました。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

ストローの長さに決まりはないですが、長いほど大きなテンセグリティボールになります。
ただし、ストローが柔らかい素材だと輪ゴムの力に負けて折れることもあるので、10cmくらいが限度かなという気がします。

丈夫に作りたい場合は、タピオカ用などの固い素材のストローを選ぶといいと思いますよ。

ストローの両端に2か所ずつ切り込みを入れ、輪ゴムを引っ掛けます。
写真を見てもおわかりのように、めっちゃ雑にちょんっとハサミで切っただけです。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

ポイント ストローの両端の切り込みは、輪ゴムがまっすぐにかけられる位置になるよう気をつけてくださいね。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

12本のストローにすべて輪ゴムをかけました。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

右の2本は輪ゴムがちょっとゆるいんですが、これしかないからまあなんとかなるだろう・・・。


スポンサードリンク

テンセグリティの作り方 ストローなら簡単

ここから組み立てていきます!
組み立て方はセリアの店頭にあるレシピやサイトを参考にしました。

まず3本のストローで小さな三角を作るように、輪ゴムの真ん中をストローの先に挟みます。
これを2セット作ります。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

上の三角のセットを上下につなぎます。
間に別のストローを支柱のように立てて、輪ゴムを挟む。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

これを3か所やると、こうなります。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

ここからが問題。
実は、セリアのレシピにはここまでの作り方と、完成写真しか載ってないんですよね。

でも多分、上でつないだ支柱の輪ゴムが余ってるから、これを繋ぐんだろうな・・・。
ということで、これも3か所。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

で、ストローの先には輪ゴムが2本ずつかかるはずで、今挟んだストローの上下のストローの先には1本しかかかってないからここにかけるのかな?

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

これまた3か所全部同じようにしたら・・・。
なんかできたっぽい。

テンセグリティ 作り方 ストロー 12本

セリアレシピの完成写真と見比べたり、ネットで調べたりして確認しましたが、多分あってると思います。

立体になってるし、まあいいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

6本バージョンはこちら!アイスの棒の再利用工作です

当ブログ内の100均商品を使った自由研究関連の記事は、こちらのまとめから読むことができます!

こからぼ!100均探偵局内の、100均の実験キットや自由研究提案記事をまとめました。 親も子供も頭を悩ませることが多い夏休みの...

ストローなど棒状の物を支えているのは、輪ゴムだけなのに立体になるなんて不思議ですよね。

小学生の夏休みの自由研究なら、理論を研究するのは難しすぎるので「固い棒をヒモ状のもの(輪ゴム)で支えることで形が崩れない構造物になる、これをテンセグリティと言います」といった感じで、作った物(実物か写真)を見せて、「ボール状のものだけじゃなくいろんな形があります」といろんなテンセグリティを写真で紹介するというのはいかがでしょうか。

テンセグリティで検索すれば面白い作品がいっぱいでてきますよ!

低学年なら、どこが難しかったかなどの工作の感想でもいいですよね。

関連記事・広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする